住まいるリフォームではコロナウィルスの感染対策を実施しています。

第9回 石塚様邸 リフォーム 改修工事。

こんにちは。

住まいるリフォーム
職人代表の上原 正裕です

引き続き、石塚様邸のお話しをさせていただきます。

今回の出会いと
石塚様ご夫妻様の、老後を考えた工事になりました!!

施工前 和室

家具の移動から始まり
畳の処分から、既設の木部の異常があるか
確認をさせていただいた所
このセキスイハウス様の建物は長年に渡り
地盤の関係もありますが、東面と西面に
1,5㎝~2㎝の沈みがありました。

必ずこういう工事するときは
必ずレベルを測らなきゃなりません。

なぜなら、しっかりやらないと
仕上がり具合や、収まりが悪くなり
見た目が悪くまります。

石塚様に現状を報告をして
確認して頂いた所、ビックリされていました。

ただそれ以外に
あのセキスイ団地では、知っている人はいます。

築2年で
家が傾いてしまい、引っ越しをした人もいるそうです。

元々その場所は埋め立て地と聞きましg
いくらメーカーさんでも軽視はできません。
このような事があるからです。

☆自分からアドバイスですが☆
1.開口部の窓を少し開けてみていただいて
空いた隙間の上下をスケール(物差し)などで測る事!!

2.昔の聚楽壁の上に5~7ミリの隙間が無いか?

3.ビー玉でチェックする事!!
色々あります。

時代が変わり始める中
今の携帯電話(アイフォン)では水平器など、コンパスなどが
組み込まれていますので便利ですよ!!

和室から洋室に(フローリング)工事

高さ調節

下地

このように、何やるにしても
基礎をきちんと踏まないと、こうなってしまいますので気を付けましょう!!

フローリング張り

巾木取り付け

仕上がり

この流れ作業ですが、物凄く簡単に見えますが
もの凄く大変です。
フローリング材の板の寸法を間違えると使えませんので!!

ベテラン大工職人 大庭大工さん

真剣顔つきで、中々写真を撮らさせてくれませんでした(泣)
大庭大工さんも
笑顔は物凄い良く、いろんな提案もしてくれますよ!!

ベテラン大工職人 田中大工さん

話すと、たまに笑顔が出る田中大工さんは
大工仕事をしていると、ノリノリで作業をしています(笑)
ただ写真では、笑顔が無かったです(泣)

次週は、続きのお話しをさせていただきますね。

ご覧頂き、誠にありがとうございます。

職人代表&お客様サポート
上原 正裕

今すぐお電話をする