住まいるリフォームではコロナウィルスの感染対策を実施しています。

第14回 山本様邸 外壁塗装 ベランダ廻り改修工事 着工開始。

こんにちは。

住まいるリフォーム
職人代表の上原 正裕です

引き続き、築23年目になります
メーカー、富士ハウス様でお建てになられた
山本様邸をご紹介させていただきます。

腐食部(劣化具合)

玄関上 玄関柱

この写真を見ていただいて、お分かりだと思いますが
この雨漏りによって、ここまでやられてしまいます。

劣化具合から見させていただきますと
雨漏りしてから7~8年経っていると思われます。

1,富士ハウス様の構造体の関係

2,前の塗装屋さんの、補修コーキングがされていなく
ただ塗られているだけ

今回の雨漏りはこの2点で間違いないです!!

メーカーさんは、倒産しててありません
ただ塗装屋さんはありましたが
山本様が心配なのは
同じ所で施工したら、又同じことの繰り替えしとの事でした。
もう無駄なお金は、勿論使いたくないと言っていました。

前の塗装屋さんの情報では自社の職人で施工すると聞いてたが
実際、施工する人が
外注業者さん(下請け)業者と聞かされました。

普通に考えれば、詐欺にあたりますよね??
でも山本様ご夫妻は信頼したが、この始末でした!!

建物の構造体に関しては、倒産してない
メーカーさんのミスがありました。
こちらの写真です↓↓

この写真の場所は、軒天のシミがあった為
一番最初に、外壁を剥がした場所です。

知っている人はお分かりですが
外壁用の防水シートと、胴縁が真逆です!!

通常の場合の写真はこちら↓↓

このような状態にしなきゃいけないのに

当時の富士ハウス様、一条工務店様は
このような作りです。
木には絶対の自信のメーカー様達も
現場の管理不足が疑われます!!

築20年~上のお家に関しましては
お気をつけてもらいたいと思います。

少しでも雨水が入っていればこのようになっております↑↑

このやり方が、水の逃げ場の確保が出来ないやり方です。
厳重なやり方なんですが
雨水が入ってしまったら最後だと思って下さい!!

又、25日~7月1日まで
雨がずっと降り続けますので、お気をつけて下さい。

次回は、どのような処理をしたか?
どのように木部を交換したか
お話しさせていただきますので
次回までお待ちください!!

ご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

職人代表&お客様サポート
上原 正裕

今すぐお電話をする