住まいるリフォームではコロナウィルスの感染対策を実施しています。

第13回 山本様邸 外壁塗装 ベランダ廻り改修工事 着工開始。

こんにちは。

住まいるリフォーム
職人代表の上原 正裕です

本日は、築23年目になります
メーカー、富士ハウス様でお建てになられた
山本様邸をご紹介させていただきます。

山本様との出会いは
会社に1本の電話からでした。

10年チョット前に、浜松の有名な会社で
塗装工事をしたと、聞きました。

★この塗装業界でも有名な会社でした★

山本様とお会いして
気になる場所や、一番気にしている場所などお聞きして
見積り測定をさせていただきました。

測定に関しましては、前の塗装屋はそんな事してなかったと
色々お話しは聞きましたが、自分達住まいるリフォームでは
当たり前の事だと思って、細かく常に意識しています。

色々お話していく中で
前野塗装屋さんでやったプランをお聞きしたら
大手メーカー、日本ペイントさんの塗料で施工しており
ファイン4Fセラミックとしたよと聞きましたが
メーカーさん発表では
耐候性が15年以上あると書いてありましたが
実際、耐候性が出ていなく、べっとりチョーキングが出ておりました。

施工前写真

実際色々と見させていただくと
玄関上の軒天から、雨漏りがしておりました。

軒天雨漏り写真

↑の写真の様にシミがあり
色んな角度や怪し箇所を隅々まで見させていただき
雨漏りした箇所を、見積り段階から特定しました!!

雨漏りの原因の場所は、、、

こちらの写真の場所からでした。

原因は、富士ハウス様特有の
化粧板(幕板)の裏のコーキングがしてある場所
していない場所がありました。

ただそれだけではなく
前の塗装屋さんもしてありませんでした。

当時このツーバイフォー住宅は人気がすごく
物凄くメーカーさんは得をしたと思います。

★ただ欠点があります★

一度雨水が入ってしまうと
逃げ道を作られていないため
雨水が蒸発できず、中に閉じこもり
下地の合板が蒸れて、蓄積され柱などを
傷めつけてしまい、すぐにダメになってしまいます。

ただ軒天だけと思いましたが、全然違いました

その下の玄関柱まで、劣化が進んでおり
再帰不能になっておりました。

この写真を見て頂くと
サイディングが膨れている跡があります。

ただそれだけではなく
前の塗装屋さんが、コーキングを打ち替えしておりませんでした。

お話しを聞くと
見積りにも入っていると聞いていましたが
打ち変えした形跡すらありませんでした。

手抜きをされており
こんな立派なお家が題無でした!!

次週外壁をはがしますので
どのようなことになっていたか?考えてみて下さい!!

お施主様の気持ちが分かる筈です!!

次週、写真と一緒に細かく説明させていただきます!!

前の塗装屋さんのお名前も聞いておりますが
伏せさせていただきます!!

いつもご覧頂き、誠にありがとうございます・

職人代表&お客様サポート
上原 正裕

今すぐお電話をする