住まいるリフォームではコロナウィルスの感染対策を実施しています。

台風対策~防災グッズ~

こんにちは、事務員の伊藤です。
やっと超大型台風が去ってくれたと思ったらもう台風22号が発生してしまいましたね(´;ω;`)
今週末に日本へ接近するおそれがあるので、また台風対策が必要になりそうです。
今シーズンはまだ台風に油断できないそうなので、お父さん、お母さん。お気を付けくださいね!

そこで今日は台風対策として備えておきたい防災グッツをご紹介しようと思います。

1、停電時に使える懐中電灯
台風が接近すると、強風や倒木により電線が切れたりして停電になることがあります。
前回の超大型21号の時も、磐田市では一部が停電してしまいましたね…。
真っ暗な室内では家具や家電につまづいたりして
予期せぬケガをすることがあるので注意が必要です。
最近では手回し充電+ソーラーパネル充電もできるものが出てきているようです。

懐中電灯は枕元やリビングなどの
「いつも目に入る手が届くところ」に保管しておきましょう。
 
2、断水時にも保管できるペットボトルやウォーターサーバー
台風の大雨や強風によって水道管が破損したり
マンションなどの貯水タンクが破損したりすると水道が断水する場合があります。
災害時、ライフラインが止まってまず最初に復旧するのが電気と言われています。
(阪神淡路大震災の時は復旧まで電気7日、ガス85日、水道92日かかりました)
大人1人が1日に必要な飲料水の量は1日あたり3リットルと言われていますので
1週間分貯えようとすると家族全員の量を常備するのは結構大変ですよね・・。
なので最低でも3日分は準備しておきたいです。

とりわけウォーターサーバーは、電気が復旧すれば熱湯を利用することができます。
赤ちゃん用に粉ミルクを作ったり、温かいスープを飲むこともできるので
乳幼児や高齢者のいるご家庭には得にお勧めですね!
 
3、最低3日分の非常食
台風の被害で自宅から出られなくなったとしても生活できるように
最低でも3日分の食料を準備しておく必要があります。
また、停電になった場合冷蔵庫も使えなくなってしまうので
衛生面を考えて、生ものなどは避け、火を通さなくても食べられるものや
水を加えただけで調理できたり、着火剤のついているものを選ぶとよさそうです。
 
4、防災グッツセット
防災グッツセットを持っていれば、台風以外でも災害にあったときに安全に避難したり
最低限の食べ物を確保できたり、ケガの応急処置もできます。
しかし、数多く売られている中から何を選べばいいのか悩まれると思いますので
一つの目安として「防災士が認定する防災グッツセット」を選ぶとよいでしょう。
災害の専門家が本当に必要な物を選んでくれているので、安心できますよね。

まだ台風22号がどこまで影響してくるかは分かってはいませんが
もしもの時の為にお役立てください(^^)/

雨漏り補修・リフォーム改修工事も承っていますので
お気軽にご相談下さい。

————————————————————————
住宅塗装・各種リフォームのご相談、お見積りのご依頼など、

お近くを通られる際には、お気軽に緑ヶ丘本店へお越しください♪

株式会社 住まいるリフォーム
住所:磐田市緑ヶ丘9-1
TEL:0120-914-658  FAX:0538-30-6784
Mail:info@s-reform1.co.jp

今すぐお電話をする