直貼りサイディングの外壁は塗装できないってほんと?塗装工事前の豆知識 |静岡磐田/浜松と愛知名古屋市熱田区の外壁塗装・屋根塗装店【株式会社住まいるリフォーム】雨漏り修理・各種リフォームもお任せください!

直貼りサイディングの外壁は塗装できないってほんと?塗装工事前の豆知識

株式会社住まいるリフォーム > 施工知識 > 塗装工事前の豆知識 > 直貼りサイディングの外壁は塗装できないってほんと?

直貼りサイディングの外壁は塗装できないってほんと?

直貼り工法の見極め方

サイディングとは、外壁の表面に使われる板材のことです。

サイディングは、施工方法で直貼り工法、通気工法の2種類に分けられ、一般的に、直貼りサイディングの外壁は塗装に向かないと言われています。

この記事では、直貼りサイディングの外壁でも塗装ができること、外壁塗装の際に気をつけたいことや、塗装できない場合について紹介しています。

直貼りサイディングとは

サイディングには、直貼り工法、通気工法の2種類ある

外壁のサイディングには、「直貼り工法」「通気工法」の2種類の施工方法があります。工法の違いによって外壁の劣化スピードも違い、通常、通気工法のサイディングの方が長持ちします。

直貼り工法は、壁材の防水シートに直接サイディングを貼り付ける工法で、通気工法は、防水シートの上に胴縁とよばれる材を取り付け、その上にサイディングを設置する工法です。

直貼り工法と通気工法の違い

直貼りサイディングは、サイディングと防水シートの間に湿気が溜まりやすく、結露による外壁の劣化を引き起こすことがあります。

現在、外壁にサイディングを用いるときには、通気工法での設置が標準になっています。

直貼り工法? 通気工法? 自宅の外壁を見分ける方法

自宅のサイディングが直貼り工法か通気工法かは、サイディングの下部を見ることで確認できます。

ポイントは、外壁に使われているサイディングと、その下にある仕切り(水切りと呼ばれる部分です)との間隔です。ここに指が入るくらいのスペースがあれば、空気の通り道が確保されている=通気工法が用いられている場合が多いです。

直貼り工法の見極め方

この部分がコーキングなどで塞がれている場合は、直貼り工法が使われています。

ご自宅の築年数も、ひとつの判断基準になります。1990年代〜2000年まではサイディングの標準工法が決まっていなかったため、そのころ建てられた家には、直貼サイディングの外壁が多く見られます。

直貼りサイディングは、なぜ塗装できないと言われているのか

直貼りサイディングが「外壁塗装できない」と言われる理由

大前提として、直貼りサイディングの外壁でも、塗装による外壁のメンテナンスは可能です。

直貼りサイディングの外壁が「塗装できない」と言われる理由は、直貼りサイディングの塗装が、通気工法のサイディングの塗装より湿気の影響を受けやすいためです。

先ほどの図で、直貼りサイディングは構造上、湿気の影響を受けやすいことを紹介しました。湿気の影響を受けやすいものの、適切な塗料を選び、定期的なメンテナンスを行うことで、外壁をいい状態に保つことができます。

まとめて「塗装できない」と決めてしまうのではなく、一軒一軒の外壁の状態や、周りの環境に応じて判断していく必要があります。

外壁の張り替えを選ぶ前に、コスト管理の検討を

直貼りサイディングを補修するとき、外壁塗装ではなく外壁の張り替えをすすめられることがあります。

外壁の張り替えでは、湿気に弱い直貼り工法サイディングを撤去し、通気工法サイディングに張り替えたり、直貼りサイディングの上に通気工法サイディングを設置する工事が行われます。

外壁の張り替えには大きなコストがかかります。長い目で見て、定期的な直貼りサイディングの補修を続けていく方が出費を抑えられる場合もあります。外壁塗装か張り替えか選ぶ際には、長期のコスト管理についても検討してみてください。

適切な塗装方法

外壁塗装のポイントは、正しい診断と塗料選び

外壁塗装を行う際には、まず外壁の素材や状態を確認し、塗装の工程や使用するペンキを決めていきます

浴室周辺の外壁など湿度の高い場所は、サイディング自体の劣化が激しい場合があります。サイディング自体が劣化している場合、外壁のメンテナンスは、塗装だけでは不十分です。

サイディングにひび割れや浮きといった変形がある場合は、塗装の前に、サイディングそのものの修理が必要です。ひび割れや変形を放置すると、漏水などで壁の内部へ水が侵入し、壁材が腐食する原因を作ってしまいます。

また、直貼りサイディングの塗装には、湿気を逃がす働きのある透湿性をもつ塗料を選びます。

透湿性のない塗料を選んでしまうと、こもった湿気の逃げ場がなくなり、塗装やサイディングだけでなく、壁材の劣化にもつながります。

安易なDIYは待って! 塗装してはいけないケース

直貼りサイディングを塗装する前には、どの程度のメンテナンスを行えばいいのか、サイディングの内部は劣化していないか、外壁の状態を正しく診断することが必要です。

外壁塗装のポイントは、正しい診断と塗料選び

表面はきれいになったが内部はボロボロだった、不適切な塗料を用いてしまったため、外壁の劣化が早くなってしまった……。という悲しい結果を防ぐためにも、安易なDIYはおすすめしません

まとめ

「塗装できない」と言われる直貼りサイディングですが、外壁の状態をきちんと見極め、適切な塗料を用いれば、塗装によるメンテナンスは可能です。

外壁塗装ではなく外壁の張り替えをすすめられることがありますが、外壁の張り替えには大きなコストがかかります。長い目で見ると、塗装によるメンテナンスを継続する方が出費を抑えられる場合もあります。

長く住むご自宅です。経験と技能をもった業者を選び、正しいメンテナンスを続けていきましょう。

住まいるリフォームでは雨漏り診断から屋根・外壁の補修・塗装までを一貫して自社施工。長期に渡りお客様のご自宅をお守りします。劣化診断・お見積もり無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

  • 無料で
    相談できます!

    お見積もりのご依頼
    お問い合わせ

    お気軽にどうぞ!

    相見積もりも大歓迎です!

    お電話からのお問い合わせはこちら

    スマホの場合、
    タップですぐ電話が掛けられます!

    【営業時間】8:00〜19:00 (日曜定休)

    Webからのお問い合わせはこちら

    24時間お問い合わせ可能です!

    お問い合わせ内容確認後、
    スタッフからご連絡させていただきます。

    対応エリア

    静岡/愛知県

    磐田市

    袋井市

    浜松市

    掛川市

    周智郡森町

    菊川市

    牧之原市

    御前崎市

    名古屋市

    熱田区

    港区

    中川区

    地域密着の塗装屋だからこそ、土地にあった塗料のご提案が可能です!
    上記エリアにお住まいのお客様は、対応可能エリアのため、お気軽にご相談ください。

    無料見積り依頼はコチラから TOPへ