屋上・ベランダ防水

屋上・ベランダは雨漏り原因第1位

屋根の棟板金、雨樋、外壁のひびなど雨漏りの原因は数多くありますが、その中でも最も相談が多いのがベランダや屋上です。常に雨ざらしになっている上、構想上雨水が溜まりやすいため、雨漏りなどのトラブルが起きやすいのです。

防水工事は10年毎のメンテナンスが必須
防水工事は10年に1度のメンテナンスが必要です。なぜなら、防水塗膜は紫外線や雨の刺激を繰り返し受けることで、年数が経つにつれ徐々にトップコートが剥がれ、劣化していってしまうからです。劣化により生じた剥がれやヒビから雨水が防水層の下に侵入してしまいます。見た目ではわからなくても水面下で劣化が進んでいたりします。せっかく防水工事をしているのに、防水塗膜の下に水分が侵入しては意味がありません。そのため定期的にメンテナンスをする必要があるのです。
普段から防水工事の劣化状況を気に留めている方はさほど多くありません。そのため気がついたら建物の寿命を縮めるような大きなトラブルを抱えていることも。10年に1度のメンテナンスをすることでその心配がなくなり、安心して生活することができます。

防水工事の種類

→防水工事の費用はこちら

ウレタン塗膜防水

Before

After

ウレタン防水は防水工事の中で最も多く使用されている防水工法です。

2液性ウレタン合成ゴムなどを混ぜ合わせたウレタンゴムを塗り防水する比較的ローコストな方法です。液状なので段差や凹凸の多い複雑な場所にも密着塗布が可能で、また継ぎ目がなくシームレスで綺麗な防水層に仕上がります。バーナーや高温が不要な冷工法なので、火災の心配がありません。

改修時に建物の傷み具合や、利用方法に最適な防水層を提供でき、新築工事、改修工事ともに需要が多いですが、主にビル、マンションなど防水に使われています。

5、6年毎にトップコート(最上位の塗膜)を再塗装することで15年程度の防水性の保持が可能です。再改修工事の場合でもウレタン防水層の塗り重ね(2,3回)で済み、防水層の全面撤去が無い分工事費が安くなります。
FRP防水

FRP防水とは、Fiberglass Reinforced Plasticsの略でガラス繊維を使った高強度の防水です。

FRPの技術自体は1970年代からその水密性の高さからレジャーボートに使われ、現在ではボートの95%以上がFRPで建造されています。また住宅のユニットバス本体や車の部品などにも使われています。

最近の木造住宅のベランダ防水に多く使われていますが、その歴史は浅く1988年にFRP防水材工業会が設立され、高耐久性の防水であるために多くの建物で使用されるようになり、防水の中でも値段も高額になります。

改修工事では水密性が確保できていれば、紫外線や磨耗に強いトップコート(最終仕上げ材)を定期的に塗るだけで長期間の防水性が保証されます。
近年では、FRPの高強度という利点を応用して、屋上緑化や屋上菜園の防水層としても採用が増えている様です。
シート防水

シート防水

ゴムシート

シート防水とは、合成ゴムや塩化ビニル樹脂を主原料としたシートによって防水する方法です。

使用するシートは主に2種類で加硫ゴムシート、塩ビシートなど伸縮性能が良く、建物の収縮に追従する優れた防水材料と言えます。但し、防水材がシートの形状で張り重ねる施工方法のため、どうしてもつなぎ目に重なる部分が生じますので基本的には平らな場所向けの防水方法です。

ゴムシートの材質自体が柔らかく鳥害が起きやすい傾向があります。防水シート自体にふくれや破れなどの症状がある場合はシートそのものが交換になり、傷んだ防水シートの撤去作業と廃材処分費などが工事費に追加されます。このような状況になる前に定期点検や補修工事をするのが賢い選択です。

何層も重ねて厚みを出す必要のあるほかの防水方法と違いシート一層の取付で済むため工程も少なく、その分工事期間を抑える事も可能になります。
アスファルト防水

アスファルトルーフィングに改質剤を加えて性質を向上させたのが改質アスファルトです。分かりやすく言えば、舗装道路や駐車場に使用されているのもこの改質アスファルトです。

この「改質アスファルト」を浸み込ませたシートを使う防水工法が【アスファルト防水】と言い、最も実績のある防水工法です。

優れた防水性能で改修時に何層も重ねる事で厚くて強い防水層が出来ます。また防水材の中でも一番の実績があり信頼性の高い防水工法です。

防水工事の費用

工事名 費用 耐用年数
ウレタン防水 4000円(税込)〜/㎡ 7年〜12年
FRP防水 5500円(税込)〜/㎡ 10年〜15年
シート防水 3500円(税込)〜/㎡ 10年~12年
アスファルト防水 防水工法によります 15年〜20年

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

top