雨どい修理

雨どい放置していませんか?

雨どいは雨水を屋根の下に排水する役割をしています。もし雨どいがなければ屋根軒先から直接雨水が滴り落ちることとなり、軒下や外壁に雨水が当たってしまい、汚れてしまうだけではなく、外壁塗装の劣化を早めてしまう原因となるのです。雨どいが破損したり詰まることで、排水の役割を果たせなくなってしまうと建物のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

外壁や屋根はもともと雨には強くありません。そのため塗装で防水加工をしているのですが、雨どいの破損で普段は当たらないような量の雨水が当たってしまうと一気に劣化が進んでしまいます。
雨どい破損で雨漏りになるケースも!
雨どいの破損が原因で雨漏りになることもあります。例えば外壁にひびが入っているとそこから雨水が内部に侵入し、壁からの雨漏りになってしまいますし、雨どいが詰まっていると正常に雨水が排水できず、屋根材の劣化箇所から雨漏りにつながる可能性があります。当社にもそのような背景で雨漏りが発生し修繕の依頼をされる方は多くいらっしゃいます。
雨水が内部に入り込むことで雨漏りだけでなく、カビやシロアリが発生する可能性があります。カビやシロアリは湿った木材を好むため、雨漏りした屋根裏は絶好の環境なのです。カビも同様です。カビは健康状態にも影響してくるため、早めの対処が必要です。
雨どい補修

ゴミつまり除去

エルボ交換

軒樋の部分修繕

軒樋の部分修繕

子供がおもちゃをぶつけてしまって雨どいにヒビが入った、台風で雨どいが外れてしまったなどのトラブルであれば部分的に修繕をすることができます。最近はDIYの流れでご自分で修繕をしようとする方もいらっしゃいますが、あまりおすすめはできません。高所での作業は危険を伴いますし、脚立から落下して怪我をされる方も少なくないからです。私たちは高所での複雑な作業に慣れていますので、ぜひご依頼ください。

雨どい交換

塩ビ製→銅製

雨どいの破損が激しい場合、劣化していて雨水の排水が困難な場合は雨どいの交換をおすすめします。雨どいには塩ビ製、銅製、ガルバリウム製などがあります。ご予算やご自宅の雰囲気と合わせて選択する必要があります。その中でもおすすめはガルバリウム製です。他の雨どいと比べて高価ではありますが、さびにくく耐久性がある上、軽量のため台風や強風でも落下するリスクも低いため雨どいに適しています。

雨どいの交換作業のみでなく、トラブル箇所以外の点検、古い雨どいの破棄、作業完了後は綺麗に片付けもさせていただきます!

雨どい工事の費用

状態 費用
綱手が外れている場合 5,000円(税込)~
部分破損、部分補修の場合 10,000円(税込)~
傾斜不良、金具が曲がっている場合 10,000円(税込)~
ゴミ詰まりの除去の場合 5,000円(税込)~
全交換の場合 100,000円(税込)~

基本的には現地にてお見積もりしないと正確な金額は難しいため、金額目安としてお考え下さい。
ただ、全交換の場合は、雨水を流すほうに傾斜をつける必要があるため、足場を設置して行うことが通常です。

材質 単価/㎡~
塩化ビニール製 1,500円(税込)
合成樹脂製 2,500円(税込)
ガルバリウム製 5,000円(税込)
銅製 12,000円(税込)

雨樋交換の場合は、材質によって価格が異なります。塩ビ製は、価格は安いですが、耐久性が劣るため。合成樹脂製以上をお勧めしています。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

スタッフ写真
地元密着で安心施工

静岡のお客様の声

top