住まいるリフォームではコロナウィルスの感染対策を実施しています。

外壁塗装工事・施工の流れ

 住まいるリフォームでは、外壁塗装工事の基本工程に則った塗装工事を、創業以来10年以上に渡り行っております。『あなたの感動の塗替えリフォーム物語』をイメージしながら、以下をご覧くださいませ♪

①まずは、初回訪問(現地調査日)を一緒に決めましょう!

「はい。お電話ありがとうございます。住まいるリフォームでございます♪」

 以下の『お見積ボタン』からお申込みをいただくと、直接、日本で一番優しい親方(おそらく。笑)からご連絡があります。その時に、今のご状況などをお話されてみてください。

②そして、『プロのお住まい診断』をしてもらいます。

見えにくい箇所はお写真に撮って、きちんとご報告いたしますね。

 長年の施工実績に基づく調査診断フォーマットに則った調査診断だから確かな診断を受けられます。
 また、お家の痛み具合だけではなく、ご希望やご不安な点などもご相談なさってみてください。安心していただけるはずです。

③あなたのお住まいにピッタリ合ったお見積プランを受け取ります。

ご希望に沿った適正価格のお見積なので、自然と夢が膨らみます。

 調査診断の結果をまとめた『お住まい診断シート』『調査報告書』と、お客様のご要望をしっかりと満たしたお見積プランをご提案させていただきます。
 住まいるリフォームは塗装技術者だけの専門店ですので、お見積の内容や工程、他社との違いなども、詳しく具体的に細部まで、ご納得いくまでご説明させていただいておりますので、ご安心ください。

④そして、ご契約。おめでとうございます!

ここから、新しい人生がスタートしますね。

 ご不安な点を1つ1つ解消できたら、晴れて「ご契約!」となります。まるで新しい出会いが始まる時のようにドキドキしますが、お客様のご期待を超えるサービスを提供できますよう、私たちも一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、『いよいよ感動の塗装工事が始まります!』
と言いたいところですが…

⑤事前お打ち合わせで『塗装デザイン』を決めましょう!

色の数だけ夢が広がりますね~!

 ご契約後、お家の色を決めるためカラーシミュレーションやカラーコーディネーターによる打ち合わせを行っていきます。

⑥工事前の近隣ご挨拶をさせていただきます。

 工事開始前までにご近所様へ工事開始のご挨拶を行います。

⑦足場を架設します!

お隣さんとの狭い境目でも、このように上手に組み上げます。

 お家の周りに足場を組み、ご近所さんにご迷惑がかからないようにネットを張ります。さすが足場屋さん!一般的なお家で、5時間ほどで足場組みが完成します!

※ただし、一般の方が足場に登ってしまうと転落などの危険も伴いますので、施工期間中でも足場に登ったりしないでくださいね。また、子供さんたちが遊んで怪我をされたりすることにも気をつけてくださいね。

⑧高圧洗浄で長年の汚れを取り去ります!

「冬場は寒いですけど、お客様のために頑張っていますよ!」

 一般的な洗浄ではありません!クルクルと回りながら水を出し、トルネードのように一気に汚れや旧塗膜を落としていきます。塗装するための重要な作業です。

⑨養生を行います。

「仕上がりの良し悪しは養生次第なんだよな」

 窓などの塗装しない部分には、ビニールを貼っていきます。塗装後、よく窓や地面にペンキを付けたままにする塗装屋さんがいますが、仕上がりを良くするための重要な作業になります。

⑩シーリングを行います。

「雨水の侵入を防ぐための大切な工事です」

 シーリングとは、窯業系サイディングボードのつなぎ目に目地材を注入していく工事のことを指します。

⑪鉄部をケレン・サビ止めを行います。

 そして、次には、鉄部をケレンし、サビ止めを塗ります。ケレンとは塗装面から、旧塗膜を剥がしたり、地ならしする作業です。その後に錆止めを塗ります。
 サビ止めを塗らずに塗料を塗ってしまってもその場では分かりませんが、数年経った後に剥がれたりしてしまいます…。当然ですが、住まいるリフォームは見えないところでも手抜きは絶対にいたしません。

⑫『下地調整』を行います。

モルタル壁の場合、このようなヒビ割れも補修してから塗装します。

 外壁や屋根などのひび割れや穴をコーキング材を使用して、埋めていきます。さらに、塗装前に凹凸部分を削って仕上がりを良くしていきます。この作業でお家の耐久性はもちろん、仕上がりが変わっていきます。

⑬『下塗り作業』を行います。

 下塗り塗料は、壁の材質や状態によって、慎重に選ばなければいけません。物によっては、いくら良い上塗り塗料を塗っても、すぐに剥がれてしまったりと、不具合を起こしてしまいます。

⑭そして『中塗り作業』を行います。

職人さんたちも仕上げが楽しみなので、このあたりから徐々に笑みがこぼれてきますね。

 多くのお客様が思っている不安の一つが、何回塗ったのか、わからないことです。口では、3回塗りと言っても実際の所仕上がりを見てもお客様が見ても分かりません。そこで、中塗りの色を少し変えることで、何回塗ったのかを分かりやすくしています。

⑮いよいよ『上塗り(仕上げ塗り)作業』を行います。

 手塗りの3回塗りはやっぱり仕上がりが違います!当然、場所によっては傷み具合も違う為、随時、4回塗りなど状態にあった施工をしていますよ!

⑯付帯部(木部・鉄部)塗装を行います。

「完璧に仕上げるつもりで塗装する。うまいと思い込んで仕事をする」が仕事の鉄則。

 最後に、雨樋や雨戸などの付帯部分を塗ります。壁・屋根同様に3回塗りに壁で使用した同じ塗料を使用します。これにより壁・屋根だけでなくお家全体を長持ちさせることができるのです。

⑰仕上がりと工事完了の検査を行います。

 現場親方が塗装工事を終え養生を外し、会社へ報告します。その後、代表親方(もしくは職長等)が全体の仕上がりをチェックします。(完了検査)
 ダメ(手直しすべき箇所)が見つかればすべてチェックが入ります。 同時に、お客様にもご確認頂いた上で不備や気になる点がないかご一緒にご覧いただきます。その後、ダメ込み(ダメ直し)して、再度、代表親方(もしくは職長等)が完了検査をし、お客様にご報告いたします。

⑱足場解体をします。

完了検査が終了するまで足場は解体しませんのでご安心ください。

 工事完了検査を終えたら、足場を解体します。足場解体日は、お披露目の日♪お客様も嬉しいでしょうが、私たちも嬉しい日です。その後、清掃作業をして、現状復帰をします。

⑲完了報告。そして、お客様と一緒に喜びます!

人生最高の笑顔でパチリ!これは、かけがえの無い思い出ですね。

 壁も屋根もピカピカになり、まるで新築の頃のようですね!お母さんがたから、「仕事もあいさつも丁寧でよく社員教育されていらっしゃるのね。」と言われますよ。住まいるは、本当に素直で良い職人に恵まれています!(親方談)

いかがでしたでしょうか?十分にイメージできましたか?

次は、あなたがこの「感動の塗替えリフォーム物語」の主役になる番です。

今すぐお電話をする