屋根塗装

屋根は建物の中でも最も雨風の影響を受けやすく、劣化しやすい場所です。状態が悪化すると雨漏りや建物内部の侵食につながりやすい、家の中でも最もトラブルの頻発する箇所なのです。しかし、その割には変化が外見でわかりづらく、屋根メンテナンスの重要性はあまり知られておりません。世間一般に屋根のメンテナンスの習慣がある方は少ないのです。そのため私たちはなるべく長持ちする屋根塗装をすることでお客様の手間と不安を軽減させることができると思っています。屋根塗装でお客様が困ることがなるべくないようにサポート、助言ができたらと思っております。

屋根は7~10年に1度は点検を!

屋根材はもともと外からの刺激に弱い材質のものが多いため、塗装をして保護しています。塗装が劣化するのが大体7~10年前後からなので、このタイミングでメンテナンスを入れることで保護機能を保ち屋根を守ることができます。放置した結果、雨漏りに繋がってしまうことも多くあります。私たちの現場でももっと早めに連絡してくれたらもっと手軽に安く済んだのになあ、と思う事例がたくさんあります。

これらは屋根塗装が劣化し始めている証拠です
  • 塗膜の色褪せ
  • 苔や藻・カビの発生
  • チョーキング
  • 屋根材の欠け
屋根の放置が余計な出費につながることも

屋根塗装には紫外線や雨水など外部刺激から屋根を守る役割があります。その塗装が劣化して機能を果たせなくなると、徐々に屋根材自体への侵食が始まります。そのまま侵食が進むと最終的にはどうなるのか。もちろん、すぐに雨漏りになることはありませんが、裏で着々とダメージが蓄積されて、気がついた時には雨漏りになっていたというケースは少なくありません。

早めの対処でこんなに差が出ます!


費用についてはこちら いくらくらいかかるの? 安さの秘密とは? 相見積もりできる?

住まいるリフォームの屋根塗装はここが違う

屋根塗装はどこに依頼しても同じだろうと思い、適当に家の近くにある塗装屋さんに依頼するケースも多いのですが、私たちからすると、それはもったいないことです。業者によっては高額な費用を求めるのにもかかわらず、数年で塗装が剥げてしてしまうところや、安いけれど塗装の技術に不安要素が多いところもあります。適当に塗装をされてしまうと後でその修復工事をしなければならず二重に費用がかかってくることもあります。最初から良心的な業者に頼んだ場合と、適当な業者に頼んだ場合とではかかる費用も全く違ってきます。トータルで考えると長期で100万円以上も変わってくることだってあります。私たちはお客様に後悔させない、ここに頼んでよかったと思ってもらえるような塗装を目指しています。

① 長持ちする塗装技術
塗装を長持ちさせるためには、下地となる屋根材が整っていないとなりません。例えばスレートコロニアルの屋根は薄く割れやすいため、塗装をしようとしたらヒビ割れや欠けがみられることもあるため、補修をしてから塗装をさせていただきます。塗装面となる屋根材自体が割れてしまっていては、ヒビ割れたところから塗装が剥げてしまいますので、補修をして万全の状態にしてから塗装を行います。
こだわりの下地処理で耐久性UP!

ひび割れ補修
ひび割れ箇所があると割れた断面から塗装が剥がれやすくなってしまう原因となります。しかし塗装業者の中にはクラックを補修せずに上からそのまま塗装を行う業者も。住まいるリフォームは小さなひびも見逃さず塗装前にコーキングにて補修を行います。

ケレン
ケレンはサビを落としたり、表面の目粗しをするために行います。ケレンを疎かにしてサビが残ったままになっていると塗膜の下でサビが広がり、浮きや剥がれの原因となってしまいます。面倒な作業ではありますが、この一手間があるだけで塗料がしっかり密着し長期耐久に繋がります。

高圧洗浄
高圧洗浄機で屋根材表面についている汚れやゴミ、コケを水圧で徹底的に落とします。少しでもゴミや汚れがあると塗料が下地にうまく密着できず剥がれやすくなってしまいます。たかが洗浄と適当に行う業者も多いのですが、塗料の持ちをよくするために必須な工程です。
② こだわりの下塗り作業
劣化が進んだ屋根は下地を吸ってしまうので、普通に塗っていては屋根表面をカバーし切ることができません。下地をたくさん使用するとその分塗料費が嵩んでしまうため、ケチる業者も多いのですが、当社は惜しみなくたっぷりと塗料を使用します。特にシーラーやフィラーは厚く塗る事で上塗りする塗料の効果を最大限発揮することができます。場合によっては4度塗り、5度塗りをすることもあります。
③ カバー工法や葺き替えも選べる
劣化が進んでおり、塗装をしてもうまく綺麗にならない場合や屋根の耐震性を上げたい、スタイリッシュな屋根にしたいなどご希望がある場合は屋根葺き替えやカバー工法をお選びいただくことも可能です。葺き替え工法は既存の屋根を撤去し新しい屋根に替えること。カバー工法は古い屋根の上から新たな屋根を被せる工法です。

→屋根工事はこちらをチェック!

業者の中には屋根に登った際にわざと屋根材を壊して補修工事をさせようとしたり、悪質な人たちもいます。まずは信頼できる業者を選ぶことが大事です。

→業者の選び方について知りたい方は

屋根塗装の流れ

① 足場の設置
屋根の塗装を足場を設置せずに作業をする業者もいますが、それはとても危険です。素晴らしい塗装は職人の安全あってこそだと思っています。もし事故になってしまったらお客様にも近隣の方にもご迷惑がかかってしまいます。また、塗料や機材の落下を防ぐ目的もあり、足場は必ず設置させていただいております。
② 下地処理
まずは高圧洗浄機で屋根表面の汚れを落とします。その後屋根材の破損箇所、ビスや釘の浮きはないか確認させていただき、もし緩みがあった場合は釘の打ち直しをさせていただきます。金属屋根の場合は、サビがあったらケレン作業をしてサビ落としをおこないます。下地処理の仕方によって塗料のノリから仕上がりまで差が出てくることを知っているからこそ、この工程は一番念入りに実施します。
③ 下塗り・本塗り塗装
当社では最大4度塗り、少なくても3度塗りをさせていただきます。屋根の劣化が激しい時は下塗りを2回塗布することで強力な下地を作る必要があることもあります。悪質な業者の中には4度塗りをする際の塗料を節約するために下塗りの塗料を薄めて使用するところもあります。それでは意味がありません。当社は全ての塗布作業において惜しみなく塗料を使用します。

弊社こだわりの取扱塗料と費用ご紹介

  • ピュアピュアシリコン 5000円〜/㎡
  • シャングリラ 6200円〜/㎡
  • No.1 6800円〜/㎡
  • エスケー化研 プレミアムシリコン ラジカル制御式 4800円〜/㎡
  • 断熱塗料 ガイナ 3800円〜/㎡
  • 日本ペイント ファイン4Fセラミック 3300円〜/㎡

→その他塗料はこちら

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

スタッフ写真
地元密着で安心施工

静岡のお客様の声

top