雨漏り調査

ご自宅に訪問して無料で雨漏り調査!

ここまで調査します!

雨漏り

天井や壁のシミ

瓦屋根の割れ

棟板金はがれ

雨どいが外れている

屋上やベランダのヒビ

防水シートの劣化

屋根塗装

天井のシミやポタポタと垂れてくる水滴、サッシから雨水が漏れてくるなどの症状はありませんか?そんな困った症状を雨漏り診断士の資格をもったスタッフがご自宅に伺い、雨漏りの原因を突き止めて即座に修繕をします。雨漏りの原因は瓦のずれや、棟板金の劣化部分からの侵入やコーキングの劣化、その他配管からの水漏れの可能性もあります。雨漏り修理で大切なのは雨漏りの原因となっているところを突き止め、根本から解決することです。その場しのぎの処置だと後から多額の費用を払うことにもなりかねません。

雨漏りを放置しておくと、カビやシロアリの発生を招くこともあります。シロアリは建物の寿命を縮める原因になりますし、カビは健康にもいい影響をもたらしません。早めの対処が必要です。

雨漏りの原因TOP3は?

雨漏りになりやすい箇所は大体決まっています。屋根の棟板金や瓦屋根の漆喰の隙間、屋根材の隙間など…。雨漏りになりやすい箇所を知ることで気をつけるべきところがわかり、対処法もわかります。今回は特に雨漏り原因になりやすい3箇所をご紹介します。

雨漏りの原因1.ベランダの排水不良
ベランダはお問い合わせいただくお客様の雨漏り原因で最も多いものです。ベランダは雨の影響を常に受けるだけでなく、構造上雨水が溜まりやすいところです。屋根は斜面にそって自然と流れ落ちていきますが、ベランダは排水溝こそありますが、平坦なので水はけの悪い構造なのです。しかもベランダの排水溝にはゴミ受けが設置されていないことが多く、ゴミが溜まりやすいです。ゴミがたまると防水塗膜の上に水が溜まる時間が長くなるので防水塗装の劣化が進みやすくなってしまいますし、ヒビ割れがあるとそこから雨水が下地に侵入してしまい、雨漏りにつながってしまいます。
雨漏りの原因2.棟板金の劣化
棟板金は屋根の部品の中で最も雨漏りに繋がりやすい箇所です。棟板金は屋根の一番上にあるため風の影響を受けやすく、その分劣化も早くなってしまいます。また悪いことに、屋根の一番上にあるため劣化状況に気づきにくく、気がついたら雨漏りになっていたというケースが多いのです。風の影響を受けやすいので、台風の後には修理のご依頼が多いところです。
雨漏りの原因3.外壁のヒビ
外壁は雨水から建物の骨組み部分や断熱材などを守る役割があります。しかし、外壁にヒビが入っているとそこから雨水が壁内に侵入してしまいます。外壁から雨漏りをしてしまうと内壁にシミができるだけでなく、木材を腐食させ、カビを発生させてしまう可能性があります。しかも、天井からの雨漏りよりも気づきにくいため、気がついた時には大きな修繕が必要なほどのダメージになっていることも多く、修繕費用が高くなる傾向があります。

雨漏り修理の費用は安くありません。ただでさえ雨漏り修理は急な出費になってしまいますし、できれば避けたいものです。その点、10年に1度無料点検を行うとずいぶん安心できます。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

雨漏り診断の手順

1. お問い合わせ
雨漏りや、屋根・外壁で気になる症状があるときは、まずはお気軽にご相談ください。お客様のご要望をしっかりとお聞きした上で、必要に応じて調査日時を設定させていただきます。
2. 現地調査
ご自宅の雨漏りの調査をさせていただきます。屋根や外壁はもちろんのこと、屋根裏、床下など、細かくチェックさせていただき、場合によっては散水試験やサーモグラフィーなどを利用して、調査しています。
原因が特定できましたら、お客様に実際に見ていただきながらご説明させていただきます。
3. 診断書&見積もり
雨漏り、水漏れの原因が特定できたら、写真付きの診断書をご提示致します。併せて、その修繕にどのような工事をするのか、お見積書もご提示致します。工事内容がわかるよう、詳細なお見積書をご提示致しますので、ご不明点、ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください!

修理料金一例

瓦割れ補修
16,500円〜

瓦の部分補修、1枚の交換からも対応します。

屋根板金工事
33,000円〜

屋根の棟板金の剥がれ補修から交換まで対応します。

雨どい修理
16,500円〜

雨どいのつまりから、交換まで対応します。

屋根カバー工事
82.8万円〜

既存の屋根材の上に軽量金属屋根材を被せる工事です。

※価格は税込表示となっています。

お見積もりのご依頼・お問い合わせは
お気軽にどうぞ

top